世界一周の前に

世界一周の、その前に・・・

  1. HOME >
  2. 世界一周の前に >

世界一周の、その前に・・・

2022年9月2日、私は世界一周の旅に出ました。一人旅でした。

そして、今回の世界一周の旅をブログに記録することにしました。理由は2つあります。

まず、一つ目は単純に記念です。せっかくの思い出なので、何らかの形で残したい思いました。

二つ目の理由は、旅人の先輩たちがよくおっしゃっている様に、次に旅立つ人の参考になればいいなぁと思いました。自分が参考にさせてもらった様に、自分の経験が、どなたかの助けになれば幸いです。

世界一周

それでは、まずどうして世界一周の旅をすることにしたのか?という所からお話しておきます。

動機と経緯

 2022年3月末日をもって、何の仕事かは伏せますが、退職しました。世界一周のためではありません。大好きな仕事でしたが、キャリアを積めば、それなりに責任のあるポジションにも就くし、難しい仕事が重なることも理解していましたが、それでも納得できないことが重なり、仕事が楽しくなくなりました。人を相手にする仕事だったので、イヤイヤながら続けることは相手に失礼にあたるし、いずれ相手にも伝わってしまうと感じていました。

 今までなら嫌なことがあっても、自分なりの気持ちの切り替え方法を持っていました。また年度が変わると、移動などもあるような職場だったので、心身ともに変化できていた部分もありました。

 しかし、どうもここ数年はそうもいきませんでした。加えてこのコロナ禍で、いつもできていたことができなくなり、精神的にかなり参っていました。もちろん、自分だけでないことも、みんなしんどいことも分かっていましたが、それでも心がついていきませんでした。踏ん張る意地も理由もなくなっていました。そんな中で、嫌と感じてしまったことを続けるしんどさは、想像に難くないと思います。

 モヤモヤを抱えながら仕事を続けていた時、自分の中で、限界だなと感じた瞬間がありました。プツッと切れた場面があったのです。あ、やめた。と思ったのです。

 それ以降、年度ごとで計画を立てて運営していく職業だったので、この3月までは頑張ろう。3月が終わったらやめようと思い、1年間頑張りました。

 途中で投げ出すことはしたくなかったし、キリが悪いのは性に合いません。私らしいやめ方だったと思っています。やめると言ったとき、みんなが自分の意思を尊重してくださり、感謝しかありませんでした。

 辞めたいと言うのも、退職をカミングアウトするのも緊張しましたが、実際すると、みなさん「あなたの人生だから。」と、反対も何もされませんでした。ありがたかったです。

 やめてから半年間は、何もしませんでした。普通ならハローワークに行って、職業訓練を受けて…と言う段階を踏むものと思いますが、それもしませんでした。漠然と、こんなんでいいのかな…と思う日々ではありましたが、ダラダラとする毎日を楽しんでいました。

 でも、自分の中で一応「この1年」と、期限を決めていました。この1年は、何にも縛られずに伸び伸び過ごそう、と思っていたのです。自分がしたかったことしよう、と。

 そして、きっと人生でこんなに時間があるのは今しかないから、夢だった世界一周をしよう!と思うに至りました。学生の時からのバケットリストの一つでした。本当は、新婚旅行で世界一周が理想だったのですが・・・。結婚は、自分一人ではどうにもなりませんが、世界一周に関しては、自分一人でもどうにかすることができますw。今を逃したら、もう後はないと思いました。それに、退職した以上、もう怖いものないぞ!という、どこか吹っ切れた無敵感もあって、旅立つことを決意しました。

 これまで何度も何度も、世界一周してみたいなーと思い続けてきました。大学3回の時、休学して行こうと思ったことも。就職3年目の時も。3.11の時も。転勤する前にも一度退職して…と考えた時期もありました。全部、その時行けばよかったのに・・・と思いますが、当時はビビって実行できませんでした。そして、今回不本意ではありますが、後ろ向きな理由ではありますが、退職した今が、私のタイミングとなったみたいです。

心の中は・・・

この歳になってから世界一周に出たところで、そう簡単に何も変わらないことも予想できていました。

自分探しの旅? いいえ。この歳になると、自分がどんな人間か、ある程度見えています。好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、苦手なこと…分かっています。

人生観を変えに? いいえ。人生で何が大切か、自分の中にちゃんとあります。

世界観を変えに? 変わるかも知れませんが、見たことない景色の方が多いし、世界は広いけど、実はせまくもあることも知っています。人間も一緒でいい人もいればそうでない人もいるのも分かっています。

じゃあ、なんで旅に出るの?やっぱり夢だったから。という単純な答えです。

行ったら実際ガッカリすることも、その逆があることも分かっています。それでも、やっぱり世界のいろんな景色を見たいというのが、私の夢でした。

コロナ禍、ウクライナ問題、インフレ…考えると世界旅行なんて、と自分でも思いましたが、自分には今しかないと思いました。

日本では、まだまだコロナの第7派の中で、閉塞感が漂っていた時です。

旅に出てみて・・・

3ヶ月弱の計画でした。本当は、1年も2年もかけて旅に出るのが理想でしたが、色々考えていくうちに、3ヶ月くらいで回るコースになっていました。

短い世界一周に思えるかも知れませんが、実際はたった3ヶ月とは思えないほど濃い時間となりました。旅中に、小さい時の感覚に戻っていたのを覚えています。そう、小学生だったころ「早く次の誕生日にならないかなぁ。」「クリスマス、まだかなあ。」という、あの感覚を久々に思い出すことができました。

大人になると、1日どころか1年があっという間に過ぎていき、誕生日も何事もなく過ぎていきます。下手すると10年前の話でも、1週間前のような感じですw。ですが、この旅中は「え?あ、まだ9月か。」「なんか随分長いこと旅してる気がするけど、まだ1ヶ月も経ってないんや。」と、何度も思いました。こういう感覚になれている自分が嬉しかったのを覚えています。心がワクワクしていたんでしょうね。

好きなことや、やってみたいことをするのに理由はいらないと思っています。人によって、ワクワクするものは違いますから。

でも、私なりに自分と向き合いたくて、このページを書きました。次からは、準備編です!

Follow me!

-世界一周の前に

PAGE TOP