music

京都大作戦 アクセスJRしばり

  1. HOME >
  2. music >

京都大作戦 アクセスJRしばり

前回、京都大作戦に参戦した感想の記事を書いた時、行き方については別記事にします〜って書いてたのがやっとできました。

前回の記事はこちら

今回は、京都大作戦に行くためのアクセス情報と、持ち物も含めて「行き方」をご紹介する記事です。

  • 地方から来て、(シャトルバスを利用せず)大作戦の現地まで行く。
  • 初めて大作戦に参戦するし、何持っていけばいいの?

こんな方の参考になれば嬉しいデス。

まず本題に入る前にシャトルバス情報から(慣れてない人にはオススメだからです)

京都大作戦のシャトルバスは色々ある

大作戦は、各地から(大阪・兵庫・岐阜・名古屋・四日市)ツアーバスが出ております。

こちらを利用すれば、迷う心配もないです。

JR宇治駅から会場までも結構距離があって、そこを飛ばして直接現地に行けるというメリットもあります。

ツアーバスについては、JTBが日帰りと1泊2日のバスプランを提供しています。

宿泊費込みのバスプランなどはそれなりにお得だと思いますので、全然利用してくださいね。

もちろんJR京都駅発着のシャトルバスもあって、こちらを利用するのもヨシです。

こちらは、当日会場でも当日券を販売していますよ。

この記事にあるのは、そんな便利なシャトルバスを使わずに行く方法です。

もちろん、メリット・デメリットそれぞれあるので、自分に合った方法で行くようにしましょうね。

それでもあえてJRシバリの理由

タイトルにある通り、今回はJRを利用して行く場合のアクセス方法です。

目的地は、JR宇治駅になります。

  • 他府県から新幹線で京都駅に着いた
  • 長距離バスで京都駅に着いて、そこから現地を目指す。

上記のような人は、参考になるかも知れません。

私は毎年JRで行くのですが、その理由は端的に言えば、安いからです。

例えば……

【電車JRしばり】梅田(大阪)→宇治(片道990円・往復1980円)
JR京都駅→宇治(片道240円・往復480円)
【バス往復】梅田→現地会場(5800円)
JR京都駅→現地会場(2800円/当日券は3000円)
現地の最寄駅は、JR宇治駅の他に近鉄大久保駅と京阪宇治駅もあります。

後に詳しく書いてますが、宇治駅から会場までは、さらにバスに乗ります。

京都駅と宇治駅間の往復に関して、このバス代を含めると、JRしばりの合計は480+460=940円になります。

京都大作戦専用バスで、特典の手ぬぐい(かわいいw)もつくので単純には比べられないですけどね。

ここまで読んで、「安くつく方法で行ってみたい」「今回はJRしばりで試してみよう!」とかなったら、次項に進みましょうw

JR京都駅で迷う→「八条口」を目指せ

JRしばりで行くと意気込んでの最初の関門がコレですw。

JR京都駅は、慣れていないと迷う可能性が高いです。大きい駅で、人も多いですから。

どこで迷うかというと、南北連絡通路です。

目的地である宇治駅行きの電車のホームが、9番線なんです。

この9番戦に近いのが、JR京都駅・八条口なんです。

正面の印象の強い京都タワーが見える方(烏丸口)から駅に入ると八条口が反対側になります。

烏丸口から駅に入った人は、反対側に出るイメージで、八条口を目指して連絡通路を通りましょう。

これが分かってないと、烏丸口から八条口を目指して彷徨うことになります。

八条口が分かりにくかったら、「新幹線」の表示を目指しましょう!

新幹線乗り場もそちら側なので、新幹線を使って京都に来る人は、そんなに迷わないかも知れませんね。

八条口側のコインロッカー

八条口を目指す1番の理由は、宇治行きのホームに近いからなんですが、もう一つ理由があります。

それは、コインロッカーです!

はんなり会員の方は、クローク無料なので必要ないかも知れませんが、ここの八条口のコインロッカーはオススメです。

半端なく数があって、ある意味圧巻のコインロッカーエリアが広がっています。

コインロッカーエリアは、八条口に着いたら一旦、建物の外に出るイメージです(屋根は続いてますけど)

絶対どこかに荷物を入れられますw

大作戦じゃなくても、普通に京都観光で来る方にもオススメです。

9番線ホームから乗る

JR京都駅から宇治駅を目指す場合、8・9番線から乗ります。

9番線は、一番端になるホームです。

「普通」に乗ると、20分強かかります。

途中で「稲荷駅」に留まり、観光客の方はここで一気に降りていきます。

宇治は、みやこ路快速・奈良行きが止まるので、快速が来たらラッキーです。

快速だと、15分くらいで着きます。

その場合は、8番線からの乗車になると思います。

宇治駅に着いたら臨時バスに乗り換え

宇治駅に着いたら、改札を通って左に曲がっていってください。

みんな戦闘服着ていますし、駅員さんやスタッフも誘導してくださるので、迷うことはありません。

階段を降りると、ロータリーがあります。

ここから更に、現地会場を目指す3つの選択肢があります。

  1. 徒歩(丘に向かって緩やかに上り坂が続く。30〜40分かかる)
  2. 臨時バス(片道230円。街を上げての全面協力なので、臨時便が出ています)
  3. タクシー(座って現地まで行けます。詳しくは下記参照)

駅を背にして、左側を見るとタクシー乗り場になります。

何人かでシェアして乗ると、お得です。(知らない人同士でも、みんな声かけあってますよ)

頑張って歩く人は、歩いて行きましょう!

歩いて太陽が丘を目指す人も多いです。

途中のスーパーやコンビニで買い出ししながら、のんびり丘を目指していきましょう。

私は、いつも臨時バスを利用しています。

駅の階段を降りてすぐの所に、臨時バス乗り場が設けられるので、そこに並んでおきます。

宇治駅と会場を結ぶシャトルバスになるので、これに乗れば会場まで着きます。

帰りは歩くか、バスか

たっぷり心も体も汗をかいたら、京都駅を目指して帰ります。

帰りは元来たルートを帰るだけですが、私はいつも帰りは、宇治駅まで徒歩で頑張って歩きます。

主な理由は2つあります。

  • バスの列に並びたくない←何事もできるだけ並びたくない人
  • 帰りは下り坂なので、まだ楽に歩ける(気がする)

帰りはどうしても分散しにくいので、並ぶことになるのが苦手で……

これは、個人的な意見に基づく方法なので、いい方法という訳ではないですよ。

帰りは疲れていますから、体力に自信のない人やいつもと消耗の仕方が違うなと感じたりしたら、無理せず乗り物を利用しましょう。

そして、電車という名の現実に乗る訳ですから、マナーも大事です。

  • 宇治駅までの道は、夜なので余韻ヒタヒタでも騒いで歩かない。(道中は普通に住宅街です)
  • 電車に乗る前に、泥や汚れを落としておく。

帰りは特に、最低限これらのマナーを守って利用するようにしましょう。

逆にいうと、できるか自信がないという人は京都駅までのシャトルバスを利用した方がいいです。

何を持って行くべきか

では、最後に私がいつも持って行くものについてご紹介します。

あくまで、大人1人分の用意です。

家族や友人、小さい子がいる場合は全然変わりますよ〜。

軽い参考程度に……

  • 日焼け止めスプレー(メイクしてるので、塗り直しにはこういうタイプがいい)
  • シューズカバー(基本、地盤は田んぼ状態と思っておいた方がいいです。私は長靴よりスニーカーで参戦したいので)
  • ペットボトルホルダー
  • スマホ(ネックストラップをつける時もある)
  • 財布(いつものではなく、ペラペラの水に強いもの。ジップロックでもいいと思う)
  • 冷感シートorサラサラシート
  • カッパ(レインコート・マウンテンパーカー)

これらを、サコッシュに入れて参戦しています。

財布の中には、運転免許証と保険証を入れています。

熱中症や怪我をしないとも限りませんからね、そんなことにならないようには努力しますけど。

前の「初フェス何持ってく?」の記事でご紹介した中身とほぼ同じですが、違うところはシューズカバーとカッパですかね。

京都大作戦は、下が土なので雨が降ると泥だらけになります。

フェスの持ち物についての記事はこちら

そして、雨に濡れると思った以上に体が冷えて、別の意味で消耗します。

現地でもかわいいポンチョ売ってるので、購入してもいいと思います。

私は、貧乏性でドロッドロになるのが惜しいのと、そんなに頻繁には使わないので、いつも百均です。

あと、晴れた場合はとんでもなく暑くなるので、冷却タオルを1、2本入れています。

中で小分けされて、スティック状になっているので、携帯するのに便利です。

まとめ

JRしばりで大作戦へ行く方法をご紹介しました。

並んだりするのが苦手で、乗り換えるのもそんなに苦じゃない〜という人向けかなと思います。

安いとご紹介しましたが、宇治駅から更に会場までのルートや諸々の乗り換えなんかの手間を考慮すると、めちゃめちゃ得かというとトントンな気もしますw。

先述したように、大作戦参戦組以外の人へのマナーも必要ですしね。

行き方の一つとして、参考になれば嬉しいです!

楽しい楽しい大作戦が、永く続くためには、自分も他の人も楽しくないといけません。

他の人が楽しいな〜って気持ちよく過ごすためにはどうすればいいのかを考えられるピースフルなフェスです。

もし、今後参戦するよって方は、楽しんでくださいね〜!

Follow me!

-music

PAGE TOP