ウズベキスタン 世界一周

DAY3:ブハラ観光→鉄道でサマルカンドに移動 ライトアップ散策

  1. HOME >
  2. 世界一周 >
  3. ウズベキスタン >

DAY3:ブハラ観光→鉄道でサマルカンドに移動 ライトアップ散策

昨年の午後にブハラに着いて、ライトアップ散策をしました。

ウズベク3日目は、ブハラを観光した後、鉄道を使ってサマルカンドへ移動しました。

そして、今度はサマルカンドのライトアップを見に行きましたっていう1日をまとめました。

ブハラ観光

16時8分ブハラ駅発の便だったので、それまでゆっくりブハラ観光しました。

全て、宿から歩いて回りました。

もっと遠くにも見所はあるようですが、メイン所は回れたかと思います。

  • Lyabi Khauz
  • Kalon masjidi(カラーンモスク)
  • Buxoro arki(アルク城)

などなど行ってきました。

では、順番にどうぞ♪

Lyabi Khauz

ブハラは、コウノトリさんの街で、至る所にコウノトリさんがいます。

この建物の前は、池というかプールになっていて周りにテラス席が並んで夜はパリピな雰囲気ですw。

お土産屋さんも並んでいますよ。

Kalon masjidi(カラーンモスク)

昨日、ミナレットのライトアップを見た所です。

昼間は、ビッシリお土産屋さんが並びます。

ミナレットを過ぎて少し歩くと、このような建物が並んでいます。

装飾の絵が細かくて見入ってしまいます。

Buxoro arki(アルク城)

個人的にジブリっぽくてすごい好きな城壁ですw

ナウシカとかラピュタ感を感じませんか?w

もちろん中に入りました(入場料は忘れました)

資料館とお土産屋さんがありました。

道を挟んで反対側には、面白いエレベーターの塔があって、おそらく展望台です。

その他色々

日本のお寺みたいな雰囲気があります。Bolo Hauz Mosque

道中にあるお土産屋さんがたくさん入っている建物
こちらもコウノトリさん。お土産でもハサミになっています。

サマルカンドへ移動

さて、ブハラをたっぷり堪能したあとは、今度はブハラ駅へ向かいます。

ホテルから駅までは、もちろんタクシーアプリ使用w

ちなみに今回、高速鉄道を利用したのですが便数が少ない上に、すぐ予約が埋まってしまうので、早めの予約をオススメします。

私たちは、のんびりしていたので日本でいう新幹線には乗れず、特急列車みたいな奴の予約は間に合ったので、それに乗りました。

ホームページがあるので、そこから予約をします。

ウズベク語表記なので、グーグル先生などを駆使しましょう。

予約完了すると、このような電子チケットが送られてきます。

駅に着くと、どこから乗るのかなど、この予約表の画面を見せたりすると、何となく教えてくれます(向こうもこっちもカタコト英語w)

何なら「サマルカンド」を連呼したらどこに行きたいのか分かってくれるw

列車の乗り心地は、ごく普通ですw可もなく不可もなし。

走り始めると、冷房が効いてくるんですが停車中は冷房なしで、久々になんか蒸し暑さを感じたw

予定通り、2時間半の列車の旅でした。

サマルカンドに着くと、例によってまたタクシーアプリでホテルまで送ってもらいました。

夕焼けが映えるサマルカンド駅。

たくさんの人が利用している。

サマルカンドのライトアップを楽しむ

サマルカンドには2泊するのですが、翌日は例の教授とのご飯が実現しそうで、ライトアップを見るのはこの日しかありませんでしたw

というわけで、ホテルに荷物を置いてそこそこに、またしてもタクシーアプリを利用し、レギスタン広場へ。

サマルカンドの観光の中心地とも言える広場です。

ここで、20時からライトアップをしているのです。

このライトアップの時間帯が、季節によって微妙に違うらしく19時からという人もいれば20時からという人もいて、「どうだろうね?終わってもうてるかな?」なんて言いながら向かったのでした。

ラッシュの時間とあってか、少し渋滞していましたがなんとか20時までには着きました。

こんな感じでライトアップされていきます。

私たちが行った時には、プロジェクションマッピングも見ることができました。これは、毎日演っているかは分かりません……。

VIP席が前に用意されていて、セレブであろう方が座って鑑賞されていました。

「ディズニーアトラクションみたい」なんていう口コミもあるほどで、中々きれいで、楽しめました。

この後は、広場にあるレストランで夜ご飯を食べて宿に帰りました。

まとめ

ブハラ観光にサマルカンドへの移動。

そして、サマルカンドのライトアップ散策など中々充実した1日でしたね。

  • ウズベクの高速鉄道の予約は早めに。
  • サマルカンドのライトアップは、ぜひ見ましょう♪

鉄道での移動も日本と同じでした。

次の記事では、メインのサマルカンド観光です。

Follow me!

-ウズベキスタン, 世界一周

PAGE TOP