ボリビア 世界一周

ラパス市内観光

  1. HOME >
  2. 世界一周 >
  3. ボリビア >

ラパス市内観光

DAY2 ラパスの街を歩く

ラパスの街は、かなり勾配が激しいので慣れない人はすぐ息が上がります。

上に行くほど貧しい人の居住区になっていく ラパスの街

勾配が激しいと先述しましたが、街がすり鉢状になっていて、上に行くほど家ばかりになっていきます。私の宿は、丁度街の中間の高さに位置していました。

ついた初日にコインランドリーまで歩いて行ったのですが、下に行けば行くほど高層ビルがたくさん並ぶ景色に変化していくのがよく分かりました。

下の方は本当に大都会で、上と下で全然景色が違います。

歩くならこんな感じで

  1. 魔女市場
  2. Basilica of saint francis(フランシス教会)
  3. Jaen(ハエン通り)
  4. Plaza Murillo
  5. 私が行ったレストランとかコインランドリーとか・・・

ラパスの街を歩く時、うまく活用するといいのがロープウェイであるR .I.Mです。

とんでも坂道な街なので、学生さんの通学の足として使われているくらいメジャーな移動手段です。

こんな風に路線ごとに色分けされていて、ロープウェイ同士の乗り継ぎも可能です。

最初に乗る駅で、最後に降りる駅名を言うとそれまでのチケットをくれます。

私の場合、窓口で、なんて言えばいいのか分からなかったら別のスタッフが来てくれました。

携帯のこの画面を見せて「ここで(Linea Naranjaを指差しながら)降りたい」と言うと、「あ〜、オレンジラインか。」と言って窓口のスタッフに伝えてくれました。親切に乗り方まで教えてくれた。いや〜、マジで皆さん優しいのだ。

1の魔女市場

なんで魔女市場かと言うと、リャマだかアルパカだかのミイラが売られているのです。

魔女市場の近くの別の通り アゲタみたい(ポルトガル)
有名なエケコ人形もありました

2 Basilica of saint francis(フランシス教会)

この教会の周辺も観光客向けのお店があって、賑やかでした。

滞在中は、パレードの通り道になっていて一層賑やかだった・・・。

赤い風船宿泊 宿なび

3 Jaen(ハエン通り)

超カラフル通りでした✨

ハエン通りに行くまでの建物も、すごく素敵なものが多くてキレイでカラフルな建物がたくさんありました。

(写真に写ってるのは学生さんで、きっと中学生か高校生くらいでした。ボリビアの制服ってカラフルでとってもかわいかったです!写真撮ってなくて後悔・・・)

4 Plaza Murillo

なんか政府の中枢機関が集まってるっぽくて、周りの建物がすごかったです・・・。

5 こまごま情報

よく行ったレストラン(カード使える)

Cafe del Mundo

全然ローカル感はないですw。

ボリビア料理でも何でもなくて、長旅でパンケーキとかの普通のご飯が恋しくなってよく行ってましたw

ラパスでサラダというとフルーツジュースのことを指すっぽい・・・。

カフェの前にあった絵

コインランドリー

LavaloFacil

中心地からは遠いんですが、ここのコインランドリーよかったです。

店の人親切で、英語通じるしWifi使えるから、待ってる間も苦じゃないし、ロープウェイの駅がそばにあるので、帰りはそこから乗って帰りました。

ちなみに洗濯乾燥コースで39.5ボリビアーノ(以下B)

ロープウェイは1回5B

両替所とバスターミナル

ボリビアーノが必要で両替所を探したら、ここがヒットしました。

Casa de Cambio(レートがいいのかどうかは分かりませんw)

Terminal terrestre Lα Pazという(多分)バスターミナルの中にありました。

建物の中に入ると、バスチケットの客引きの人の元気のいい呼び込みがすごかったw

両替所が分からんくて、その元気のいい人に聞いたら「あそこよ」と教えてくれた。

建物入ってすぐ右に進むと奥にありました。ここで、米ドルと両替してもらった。

ラパスってATMはたくさんあるので、どこでもおろそうと思えばおろせるんですけど、結構手数料がかかるらしいので両替にしました。

(手数料がかからないATMもあるので、調べてみてください。)

DAY2 まとめ

ラパスでは、建物のスーパーはあまり見かけなくて、露天商の店ばかりでした。

水から何からその辺の道で買っていく毎日だったw

なので、現金必須でした。露天の店のおばちゃんと言葉も通じないのに笑い合って話せたのがおもしろかったw(いい思い出)

本当に坂道しかない街なのでw、ゆっくり歩いて回りましょう。

交通量は結構あります。例によって、横断歩道や信号などはあまりないので気をつけて渡りましょうw

お土産のモデルになってるおばちゃんはリアルにいっぱいいる。
ラパスの日常がお土産になってるかわいいバッグ

古き良き時代感溢れる街で、着いた当初は少々食らった感ありましたけど、今思うといい街だったなぁと思います。

海外航空券+ホテル予約|こころから

Follow me!

-ボリビア, 世界一周

PAGE TOP