世界一周の前に

女子旅 世界一周のもちもの 衣類編

  1. HOME >
  2. 世界一周の前に >

女子旅 世界一周のもちもの 衣類編

世界一周で持っていったもの(3ヶ月の旅)

何に入れていくか

まず、バックパックにするかキャリーケースにするか問題ですが、今回ルートに南米を入れていたことと秘境っぽいところも視野に入れていたので、バックパックで行くことにしました。

(いつもの旅行だとお土産を買ったり、服やスキンケア用品を考えたりしてキャリーケースで行きますが。)

バックパックは、mont-bellのチャチャパック35Lにしました。

mont-bellにしといてよかったことは、海外の他のブランドと被らないのでターンテーブルで見つけやすかったという点ですw

さすが日本ブランド。ポケットもたくさん着いているところもよかったです。

他のブランドも機能性や見た目など良いところはいっぱいありますので、新しく購入する時は一回背負ってみて感触を確かめて購入してください。

これと、サブバックを持っていきました。

これは、普段使いのリュックサックでもなんでも良い気がします。

サブバックには、貴重品とガジェット系を入れていました。

ちなみに私の愛用ブランドはTGIFです。(リンク貼ってます)

このバックパックは、靴が入れられるのですごい便利です。フェスには必ず持っていってて普段から愛用してました。

背中にmont-bell。お腹にサブバックというスタイルでいつも歩いてましたw

あとは、サコッシュも持って行って正解でした。

ホテル内や目の前のスーパーに行く時などのちょっとした移動の時に大変重宝しました。使わないときは折りたたんでバックパックの隙間に入れておけるので邪魔にもなりません。

次に衣類

衣類が一番場所を取ります。旅行中は、そんなにフォーマルな場所に行くこともないだろうと思ってカジュアル中心の服装でした。

いざとなれば現地で買おうと思って、自分にとっての必要最低限は以下でした。

最初から持って行ったもの

旅の途中で買い足したもの

  • Tシャツ3枚
  • 短パン2枚と7部丈のパンツ1枚
  • スウェット上下
  • 白シャツ1枚
  • マウンテンパーカー1枚
  • ダウン1着
  • デニム1本
  • 下着3日分
  • 靴下3足
  • ストール
  • ロンT2枚
  • 丈が長い靴下3足
  • タイツとスパッツ

無地の服装がいい

一つ目のポイントです。理由は、カッコいい英語表記やブランド名が入っているものは、よくない意味が表記されているのに知らず着ていたり、そのブランドの国をよく思っていない国とは知らずに過ごしたり・・・なんて余計な気を使わなくていいからです。

では、詳しく説明していきます。まずUNIQLOからw (衣類の80%以上がUNIQLOだったw)

Tシャツは、3枚あれば大丈夫でした。UNIQLOのエアリズムシリーズのは生地がしっかり目なのに、通気性も速乾性もあってありがたかったです。

案外役に立ったのが、リラコでした(7部丈パンツ)。暑いんだけど、肌の露出ができない国の滞在や短パンでは肌寒いなんていう時に思っていたより重宝しました。

スウェットは機内の中で着ることが多かったです。

あと、有名なダウンは袋に入れて小さくできるので、やはり持ち運びには便利でした。

次は、無印です。

短パンは、無印でした。速乾性のバツグンでパジャマ代わりにもなりました。

白シャツは、何か羽織るものが欲しい時でも、あんまりカジュアル過ぎてもなぁという場面(高級じゃないレストランなど)でも着られたので、1枚あるといいと思います。

下着もユニクロや無印のものばかりでした。

捨ててもいいくらいのもので旅を続けた

2つ目のポイントです。

これは、旅のスタイルによって変わりますが、私の今回の旅での服を選んだ基準はコレでした。

もちろん、オシャレをして旅を楽しむ人や、映え写真のために服を選ぶという人など、旅のスタイルは本当に千差万別なので、あくまでも私の一つの意見としてです。

行く場所にもよりますが、あまりにも良い服で観光客をしていると、スリや強盗の対象になったりしますし、シワや汗をかくのも気にしたりなんてことにもなります。

また、長期旅行となると自分で洗濯したり、コインランドリーに行ったり、時には洗濯を頼んだり・・・ということになります。

それを考慮して、生地が痛んだり、穴が空いても惜しくないものにしておくと、現地で買い替える時のストレスも小さいです。

上記のものは、消耗品と考えて持っていきました。

こだわってよかったものもある

マウンテンパーカーは、常に持ち歩いていました。人それぞれだと思いますが、これはこだわって買っても良いものだと思いました。

「メーカー品だからいい、(値段が)高いからいい。」というものでもないですが、アウトドアブランドのものはやはり機能性はバッチリです。

薄くて軽いけど、風を通さないのはもちろん、保温性や通気性もあってカッパ代わりにもなるものの方がいいと思います。

例を挙げるとこんな感じです。

デニムも1本あれば十分でした。基本的に、長ズボンはデニムとスウェットを履き回してました。

動きやすさと機能性重視ならこんなデニムもありかなと思います。

なぜ買い足したか

いざとなれば、現地で買おうと始めから思っていました。

実際、ヨーロッパ周遊していて、次が中南米に行くことになっていたので、その前に衣類を買い足すことになりました。

理由は、ウユニ塩湖の気温がマイナスだったから。ですw

ウユニだけじゃなくて、クスコの気温も相当低いことが判明したので、さすがに今の装備では足りないなと気づいた時に買い足しました。

長旅初心者は、こんな風に次に行く国のリサーチをWifiがちゃんとある時にしっかりしておきましょうw

あと、先進国にいる時に必要なものは買い足すよう心がけておくことは、結構大事かなぁと思ったりします。「あるやろ。」と、タカを括っているとなかったりするのでw。

帽子とサングラスは必須

あと、身に着けるものでいうとこの2点です。写真にはストールも写ってますが。

私は普通にキャップでしたけど、日焼けが気になる人はツバがあるものがイイです。

日差しがかなりキツイのでサングラスもちゃんとUVカットのものがいいです。

衣類編 まとめ

一番かさばる衣類からご紹介しました。

一応それらを圧縮袋に入れてました。

圧縮袋の効果があるのか否かは正直よく分からない部分もあるんですがw

3日分の旅行の用意があれば、基本的には1ヶ月でも1年でも過ごせると思います。

私は、あまりたくさん持っていると自分で持ち数が把握できなくなることもあって、持たないことを心がけています。

足りないものは現地調達できます。結局使わなかったら荷物になってしまうので、準備は大切ですがやっぱり3日分の旅行を基準に考えればイイと思います。

持ち物をリストアップしたら衣類だけで長くなってしまったので、記事を分けることにしました。

次の記事では、衣類以外で持って行ったものについてです!

Follow me!

-世界一周の前に

PAGE TOP