ヨルダン 世界一周

クィーン・アリア空港から市内へ移動の仕方

  1. HOME >
  2. ヨルダン >

クィーン・アリア空港から市内へ移動の仕方

DAY1 クィーン・アリア国際空港(アンマン国際空港)から入国

ヨルダンには、ロイヤルヨルダン航空を使って、空路で入国しました。(陸路や海路で入国する人も多いのですが)

この記事では、空港から入国した時の様子と市内への移動の仕方をまとめています。

passport control(イミグレ)を通る

基本的に、どこの国に行っても聞かれることは同じです。

どこに泊まる?何日滞在する?など

今回私の場合、何も聞かれなかったのですが、係の人がひたすらパソコンに何かを入力しており、待ってる時間が長く感じましたw

イミグレを通過したら、そのまま下の階に降りて預けた荷物を取りに行きます。すぐです。

ターンテーブルから無事に自分の荷物を受け取ったら、出口を出る前にもう一度だけ荷物検査のゲートを通ります。特に何も聞かれたりしませんし、カバンの中身を見たりなんてこともありませんでした。

この最後の関所を通れば、完了ですw

空港のATMでお金をおろしておく

ヨルダンのトップ記事にも買いてますが、割と現金主義の国です。現金を持っておいた方がいいです。私は空港でもおろしましたが、思った以上にカードが使えなくて、市内でもう一回おろしています。なので、空港で現金をおろしておきましょう。ATMがあります。場所は、イミグレを出たら預け荷物を受け取るターンテーブルがあって、出口に出る前に一台ありました。

ちなみに、ペトラ遺跡も現金払いです。

空港から市内への行き方

クィーン・アリア空港から市内へは、主に2つ手段があります。Airport TaxiとAirport Busです。もちろん(深夜便とかでなければ)バスで行く方が安いです。

というわけで、Airport Busの乗り方です。

まず、空港の出口を出たすぐ、正面向かって左にAirport Taxi。向かって右にAirport Busの(右写真)文字が見えますので、右に進みましょう。

ここの窓口で、切符を買います。市内の中心地は「7thサークル」というバス停が有名な所です。そこまで行って、そこからタクシーで宿なり、さらに中心地へ行くなり・・・という方法がコスパがいいと思います。

ちなみに、アンマン市内はUber使えます。普通のタクシーは、高めを言ってくるので交渉しないといけません。

なんて書いてあるか全然分からないバスチケットw

というわけで、「7thサークルプリーズ」というジャパニーズイングリッシュでも切符を買うことができた私は、無事アンマン市街に出たのでした。

空港から市内へは40分〜1時間くらいです(渋滞状況による)

値段は、3.3D(2022年9月時点、現金払いのみです。)

7thサークルで道端に下りるw

無事、バスに乗れたらあとは7thサークルを目指します。大きなバス停なので、運転手さんも7thサークルに着いたらみんなに声をかけてくれます。

(ヨルダンのバスは日本のバスみたいに、ボタンを押すようなシステムではありません。不安な人は、乗るときに「7thサークル?」と聞いておけば、7thサークルで降りたいことが伝わりますので、アピールしておきましょう。)

で、ビックリなのが大きなバス停の割に降りる場所は、本当にただの道端ですw。ロータリーみたいなのを想像してましたが、バス停の看板もないしマジでただの道端でおろされますwしかも、かなり交通量の激しい道路ww中々スリリングで、逆におもしろかったです。「え?マジでここ!?」と思いましたw

アンマンの中心地へ行くには、さらにタクシーに乗って移動しないといけませんが、私はこの7thサークルから歩いていけるホテルで1泊しました。

Rakeen Hotelというホテルです。周りに店もたくさんあって、ご飯屋さんも多かったです。

DAY1 まとめ

空路でアンマンに入国した場合は、アンマンに宿泊してからペトラを目指すことになります。アンマンとワディムーサ(ペトラがある街)は、車で2〜3時間かかりますので。

なので、先にアンマン市内観光または近郊を観光してからペトラを目指すか、先にペトラを堪能するかのどちらかになると思います。私は、後者の方にしたので、DAY2でワディムーサに移動する記事になります。これも1日かかりでしたw

Follow me!

-ヨルダン, 世界一周

PAGE TOP