イギリス 世界一周

2022年 イギリス観光①

  1. HOME >
  2. 世界一周 >
  3. イギリス >

2022年 イギリス観光①

6カ国目 イギリス ロンドンとウェールズを観光してみた

空路でストックホルムからイギリスに入りました。シェンゲン協定外に行くので、出入国審査通りました。

ロンドンは、ガトウィック空港でした。ちなみにさすがはイギリスはロンドンという感じで、4つ空港があります。多分1番聞いたことあるのはヒースロー。で、その他にガトウィック・スタンテッド・ルートンとあります。(今回の旅でスタンテッド以外は制覇しましたwどーでもいい)スタンテッドは、LCCの空港でライアンエアーを利用するときはここの空港になります。(スコットランド行こうとして一回視野に入れた・・・。)

イギリスの入国に関して空路の場合、日本は優先レーンに進むことができるのでかなりスムーズに入国できます。(ありがたや)

ガトウィック空港から市内 移動の仕方

ガトウィック空港は、ロンドン中心地から見ると南にある空港です。私は、鉄道で市内へ向かいました。3つ線があるんですが、とりあえずビクトリア駅に向かいたかったので、近い時間のチケットを買ったら特急列車でしたw

(日本と同じように自動券売機で行き先タッチするだけです。)

まぁ、特急料金払うだけあって空いてて早く着きましたw

(後から調べたら特急は市内まで30分。後の2つは50分〜60分かかるみたいですね)

ロンドン街歩き

  1. 大英博物館
  2. ナショナルギャラリー
  3. レスタースクエア
  4. ハイドパーク

今回のロンドンは、今まで来たこともあったし、友達に会いに行ったのもあって観光メインじゃなかったので、そんなに有名な場所は行ってないです。

おすすめポイント

1、大英博物館とナショナルギャラリー

セコいこと言いますが、タダで見られるレベルの内容ではないのに入場料タダです。

大英博物館なんて世界各国の出土品が展示されていて、都市伝説好きにはたまらんと思いますし、ナショナルギャラリーに至ってはタダでモネが見られてしまうという贅沢っぷりです。いやもうマジでイギリス太っ腹です。

2、Hampstead駅周辺とBelsize Park周辺

偶然なんですが、宿がこの辺りだったのでよく散歩しました。中心地からは離れていますが、緑の多いとても静かでキレイな地域です。

可愛いカフェや美味しいレストランも並んでいて、雰囲気がとても良かったです。観光地という訳ではありませんが、ご紹介しておきます。

(Swiss cottage駅周辺も良かったです。公園でマーケットが開かれていてスコーンやドリアみたいなものも売られていて、美味しかったです)

このレストラン美味しかった!

今旅のロンドン街歩きは、全部Tube(地下鉄)で移動しました。何度も言いますが、ICOCA SUICAのごとく改札機にクレカかざすだけで通れます。

ただし、タッチ決済できるカードであるならです。(昨今のカードは、ほとんどそうなっていると思いますが)

1ナショナルギャラリー
ハイドパーク
2大英博物館
レスタースクエア

コインランドリーについて

長旅の間は、宿に頼んだり自分で洗濯したりとなってきます。旅中はコインランドリーもよく利用しました。

ロンドンは、コインランドリーがたくさんあって便利でした。大体の場合、スタッフの人がいてくださって、初めてだというと使い方を教えてくれます。コインランドリーだけあって、ここは現金ですw

お札しかなければ、両替してくれます。洗剤の自販機は機能してないことも多く、私が行った時は二軒ともスタッフが奥から出してきてくれましたw

日本でもそうですが、Wi-Fi飛んでて便利です。待ってる間も退屈しないw(全部の店ではないですが)

Boots ドラックストア

Bootsー日本のマツキヨみたいな存在です。

PB商品は安いし、トラベルサイズのものが充実していて非常にありがたかったです。

コンタクト洗浄液、歯磨き粉などのPB商品トラベルサイズがとっても便利でした。

ロンドン観光まとめ 気をつけたこと

1、スリ

油断してると、スリにあいますw(日本もそうですよね)

今回はThe観光地に行ってないということもあると思いますが、ロンドンアイ周辺などはスリに要注意のようです。

2、ストライキ

鉄道関係がよくストライキになりました。前もって予告はされていましたが、移動日なんかと被っていた場合、予定変更になりました。交通関係の情報は、よくチェックしておいた方がいいと思います。

今旅中、一番日本人の多い街だった気がしますw 留学生が多いからでしょうね。(ナショナルギャラリーとかすごかったですwいっぱい勉強してね)

日本と変わらない暮らしができるので、日本で気をつけていることと同じように気をつけましょう。

Follow me!

-イギリス, 世界一周

PAGE TOP