ペルー 世界一周

クスコに着いた日のこと レインボーマウンテンに行くために

  1. HOME >
  2. 世界一周 >
  3. ペルー >

クスコに着いた日のこと レインボーマウンテンに行くために

DAY1 リマからクスコへ

リマからクスコへの便は、早朝でした。大体1時間半くらいのフライトでした。

クスコ空港は、そんなに大きな空港ではありません。着いたのが、早朝だったこともあって静かでした。

空港からはUberで宿へ向かいました。

今回のお宿は、Blacky Hostel and Apartmentsで、ワンちゃんのマークが目印でした。

実際に看板犬がいます。(エンブレムと違うけどw)人懐っこい。カワイイ。

日本のカプセルホテルみたいでした。現金払いのみです←要注意。

キッチンも自由に使えるし、コーヒーとかも飲めます。

息切れと頭痛

Uber使って宿の真ん前まで送ってもらったので、どれだけも歩いてないにも関わらず、頭痛はするし宿の階段を2階に登るだけで息切れするというw

これは、体を慣らすことを優先し宿で大人しくしていました。

とはいえ、来た初日でご飯も食べたいし、軽く食べ物や飲み物もほしい。ということで、昼からは少し中心地に出かけました。

とにかくゆっくりゆっくり歩くことです。無理しないw 立ち止まるw

「ふぅぅぅー・・・。」と深呼吸しまくってました。

アルマス広場周辺

クスコの街の中心地であるアルマス広場周辺にある教会。土日はイベントも開催されていて賑やかです。

お土産屋さんもたくさん。旅人をターゲットにしたマッサージやツアーの勧誘もすごい(しつこくないですよ)

この辺りには、レストランもたくさんあります。観光地価格で割高と思いますがおいしかったですよ。

お店の名前は忘れちゃったんですが、教会の真前に並んでいるお店の一つです。

ペルー滞在中よく食べたチキンのスープ。中に麺も入ってます。

気休めに飲んだコカ茶。高山病にいいらしいです。味は普通のお茶ですw 苦くもなんともない。

少し足を伸ばして・・・

割と歩いていける範囲にも見どころはありました。

でも、ここも傾斜のある地形なので、薄い酸素もあいまって息切れしますw

サンペドロ市場には、いっぱいお土産やさんが入っていました。

お菓子系のお土産もありましたね。

奥の方には、地元の人も買いに来るような生鮮食品系のお店も並んでいて、中は賑やかで面白かったです。

明日に備えて

街歩きの帰りに、翌日レインボーマウンテンにいくツアーを申し込んできました。

アルマス広場周辺は、ツアー会社の宝庫です。写真もいっぱい飾ってありますし、呼び込みさんもたくさんいらっしゃるので、値段と時間と相談して決めましょう。

私は、高山病でしんどかったので最初に声かけてもらった人に言われるがまま申し込みましたw

(英語ガイドがついてくれるということが決めてです。)

なんと早朝4時半出発w ツアー代金120ソル。その場で払いました。

それとは別に入場料25ソルを当日持ってくるように言われました。

なんと、この後時間があればクスコ周辺ツアーもどうかと言われましたが、頭痛が引かないので断りました。(商魂たくましいw)

朝も早いし、水とコカキャンディー買って帰って、早く寝ましたw

DAY1 まとめ

クスコからレインボーマウンテンに行くにはツアーを頼まないと自力では難しいと思います。公共交通の手段がないので(タクシーも厳しいのではないかなぁと思われます)

クスコ初日は、絶対ムリはしないことです。

体質によりますが、高山病になる可能性が高いです。体を慣らすことを第一に考えて過ごしました。

本当に歩くだけで息切れしましたからw あぁ、本当に酸素うすいんだなぁと実感しました。

濃淡が目に見えるものじゃないので、分からないんです。

ツアーを申し込んだ時は、「明日起きた時、頭痛が引いてなかったらキャンセルしよう」と、思ってました。

体調管理が一番です。

海外航空券+ホテル予約|こころから

Follow me!

-ペルー, 世界一周

PAGE TOP