ペルー 世界一周

ペルーレイルに乗る

  1. HOME >
  2. 世界一周 >
  3. ペルー >

ペルーレイルに乗る

DAY3 ペルーレイルに乗ってマチュピチュ村へ

クスコからは、ポロイ駅とサンペドロ駅という発着駅が2つあります。(サンペドロ駅の方がクスコの中心地には近いです)

ペルーレイルの場合、サンペドロ駅は発車のみで、帰りはポロイ駅しかなかった気がします。

なので、私はポロイ駅発着のチケットをサイトで買いました。

ポロイ駅から乗る

7時55分発の列車でした。宿からUberで向かいました。

クスコの中心地から駅までは結構離れていて、車で20分〜30分くらいかかりました。

駅舎自体は、すごく可愛くて綺麗な建物でした。

中には、パンデミック前には開いていたんだろうなぁと思われるカフェテリアがありました。

今は開いてないので、外に屋台みたいな店がいくつか開いていて、飲み物などはそこで買うようになっていました。

割と中も広くて、他の乗客と一緒に座って待っていました。

定刻が近づいてくると、スタッフさんがやってきます。

A車B車など、列車ごとに割り振られていて呼ばれた順に並びます。

ホームで並んでいると、スタッフさんがチケットを確認しに来られます。

(チケットの確認だけで、パスポートの確認はされませんでした。でも、用意はしておいた方がいいです。)

いざ、乗車して出発です!

荷物置き場が入り口付近にあるのですが、座席下にも置けるようになっているので、自分の座席の下に置くようにした方がいいです。

私は、ビスタカーでも何でもない普通列車だったのですが、このように天窓がついており普通で全然満足でしたw

そして、なんと私の席の隣が日本人家族御一行様で、久々に日本語でいっぱい話しましたw

天気はいいし、天井はガラスだしで、景色サイコーでした。

約3時間近くかけてマチュピチュ村に着きます。

(途中でオリヤンタイタンボという大きな駅に留まります。そこで、たくさんの人が乗ったり降りたりします)

ついにマチュピチュ村へ

駅に降りると、景色よりも先にお土産ロードが始まりますw

最初方向感覚ないので、マジで結構迷路に感じます。GoogleMapに頼り切って進みました。

私の場合、偶然進んでいった方向が良く、川の方に出られて、すぐ出口っぽいところに出たのであまり迷いませんでした。珍しくカンが当たりましたw

線路沿いの宿だったので、自力でたどり着けました。

チェックインして、宿に荷物を置いたらランチを食べに出かけました。

初代村長が日本人

このマチュピチュ村は、村長さんが日本人だった時代があるらしく、本当に日本の温泉街みたいな景色です。

日本の谷川の風景にもそっくりです。そして、確かに虫は多かったw

Wifiを売りにしているレストラン(結構多い)でランチを食べました。

Wifiサクサクで景色もよく、ご飯も美味しかったです。ありがたや。

食べ終わった後は、マチュピチュ遺跡に向かうためのバス乗り場とチケット売り場の確認と、駅から素通りしたお土産街を見て回りました。

お昼について、そんなこんなをしているとあっとゆー間にいい時間になり、宿に帰って翌日に備えたのでした。

DAY3 まとめ

クスコからマチュピチュ村へは、いろいろな交通手段があります。私は、その中で一番簡単な方法を選びました。

私が滞在した2022年11月から2023年にかけてペルーの情勢が不安定で、マチュピチュも閉鎖された時期がある状態だったので、安全を優先させて鉄道オンリーの手段を取りました。

ペルーの人達はみんないい人ですが、自分の旅スキルを考えての結果です。

ペルーレイルは、スタッフの対応も丁寧で車内販売ではカードも使えました。

マチュピチュ村は、世界中からの観光客が集まっていて、the観光地という感じです。でも、英語がどこでも通じるかというとそうでもなくて、店員さんによってはスペイン語オンリーだったりしますが、こっちも英語カタコトなので何とかなりますw

お土産屋さんとレストランが並ぶ街という印象でした。

海外航空券+ホテル予約|こころから

Follow me!

-ペルー, 世界一周

PAGE TOP